IPOのラクスルについて現時点での私の見解について

IPOのラクスルについて現時点で私なりに考えてみました。
この株式はIPOの中では株式の投資家への配分が10万枚越える株式なので複数の証券会社で一枚ずつもらうという戦略よりも一つの証券会社から複数枚もらうという戦略の方が理にかなった方法だと考えられます。
ただし、ラクスルの評価はIPOの最高評価のS級やA級ではなく多くの人たちはC級ないしB級だと考えているようです。
C級だと公募価格われもありますが、B級ならばほとんどの場合は公募価格われは考えにくいので、このような銘柄というのはブックビルディングするこちらとしても、どのようにしていいのか判断に迷う銘柄でもあります。
リスクを回避ならブックビルディングに不参加という選択肢もありなのかもしれません。ただ、私の場合はとりあえずSBI証券ではSBIのポイント目当てに一応は参加するとして、後は、IPOが当選したときにキャンセルしても何のペナルティのないインターネットの証券会社から参加はしようかなと考えています。高麗美人 販売店