乾電池は液漏れ対策をして安全に使ってみよう

生活に欠かせないものといえば電池が思い浮かびます。目覚まし時計にリモコン、子供のおもちゃなど、電池は必要なものです。そして災害が起きた時に絶対に必要なものもラジオやライトですが、それにも乾電池は必要です。でも長期間入れっぱなしにしていた乾電池に、白い粉状のものがついていた、そんな経験もあるものです。ですから乾電池の保管や管理というのはとても気を使うものです。そしてこういった状態はこれは「液もれ」といって、家電製品へのダメージのみならず、お子様が舐めてしまったり、手で触れてしまったり、吸引してしまうと身体にも悪影響を及ぼす可能性があるという恐ろしさもあります。液もれをやってしまった危険があって、使っていないおもちゃの電池から液漏れを発見して焦った記憶がある人も多いでしょう。整理している時に見つけてしまうような時は、子供がいない時でホッとするということもあるでしょう。そこでお勧めしたいのが、液もれ防止設計採用のアルカリ乾電池です。万一液もれした場合には、電池交換または、機器を修理・交換してくれる「5年間液もれ補償付き」であれば安心もできる ものです。ミュゼ 90円