サッカー日本代表薄氷の決勝トーナメント進出

サッカーワールドカップのグループリーグ最終節が終了し、日本代表はセネガルと勝ち点、得失点差で同一ながらイエローカードなどの枚数で比較するフェアプレイポイントでわずかに勝り、2大会ぶりの決勝トーナメント進出を果たしました。グループリーグの相手すべてががFIFAランキングで日本より上位の国であることを考えれば、まさに上出来だったのではないでしょうか。大会前には予選リーグ3連敗を予想した解説者もいたほどですから、それを考えれば奇跡的ともいえます。まして日本代表を取り巻く大会前の状況はまさに最悪に近いものでしたので、選手たちはよくやったと思います。今大会は前回優勝のドイツが予選で姿を消すなど強豪国が苦戦を強いられていますが、そのなかで下馬評通りの結果を残しているベルギーが決勝トーナメントの初戦の相手となりました。日本代表にすればここまで来たことがすでに上出来ですので、決勝トーナメントは持てる力をしっかり発揮して、悔いのない形で追われることを祈っています。ベルタ葉酸 ビタミンA